白石隆浩 被害者福島県女子高校3年生は安達高校で足取りと接点は?

この記事は2分で読めます

神奈川県座間市で白石隆浩容疑者が9人の遺体を隠していた事件で、被害者の中には、女子高校が4人もいて、うち福島県の女子高校生(17)の高校が「安達高校」の可能性が高くなりました。

この高校生は、須田あかりさんだと判明しました。

マスコミ各社が、安達高校に取材を申し込んでいて、殺到しているとか。

白石隆浩容疑者と接点と足取りを早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

白石隆浩 被害者の福島県女子高校3年生(17)は須田あかりさん

11月7日の福島民友によると、

神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、事件に巻き込まれた可能性がある福島県の女子高生は、県北地区の県立高校に通う福島市の17歳とみられることが6日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁高尾署捜査本部はDNA型鑑定などで身元確認を進めている。 
福島民友

 

福島県の女子高高校が行方不明になったのは、9月末からで、携帯電話の位置情報を確認すると、座間市付近で途切れていました。


Twitter

 

白石隆浩 被害者の福島県女子高校生は安達高校か

先ほどの福島民友から。県北地方を調べてみると、

・二本松工業高等学校(戸1丁目58−2)

 ・福島県立安達高等学校(下長折真角13 )
 
・福島県立安達東高等学校(郭内2丁目347)
 
 

その後、11月10日に身元が判明しました。

 
 
 

スポンサーリンク

白石隆浩 被害者女性高校生の父親

被害者の女子高校3年生(17)の父親が、取材に応じています。

「警察の連絡を待っている段階でまだ分からない。自分の子じゃないはずだと思っている」
河北新報

 

福島県の女子高校3年生(17)は、両親と兄、祖母の5人暮らしで、昨年2016年待つに家出しています。数日後に連絡が取れましたが、「自宅に帰りたくない」と話し、母親と兄と一緒に自宅とは違う部屋を借りていました。

取材に応じた父親は、今年の4月に被害者の女子高校生の母親と離婚しています。母親と一緒に暮らしていましたが、今年の夏ごろから福島県の女子高校生が返ってこないと父親に連絡がはいり、前回のこともあるため初めは「すぐに帰ってくる」と思われていました。

福島県の女子高校3年生(17)は、幼いころから漫画の描くのが好きで、高校の文化祭にも漫画が展示されているのを父親は見学しています。LINEのやり取りをする親子であったし、布団で寝ている両親の間に入る甘える一面も見せていました。

 

すでにマスコミ各社は、取材していて、大混乱のようです。

【関連記事】

白石隆浩の高校時代に集団自殺未遂や運動部から肩パンチくらったのがきっかけ!

白石隆浩 文春砲は全裸写真とウリ専でバイ!セクシードラマ出演もあり生い立ちが暴かれる

座間 被害者身元の名前と顔画像【最新情報】特定され白石隆浩が女性ばかり狙う動機判明!

田村愛子さん(八王子)のTwitter名「ひない」から兄が座間事件被害者公開まで

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)