シグナルドラマ7話ネタバレとあらすじと感想 工藤は真犯人ではない…誰が?

この記事は2分で読めます

シグナルのドラマのあらすじ7話ネタバレとあらすじを予告と共にお伝えしていきます。

三枝健人(坂口健太郎)は現在を生きる警察官。アメリカでプロファイリングを学び、長期未解決事件捜査班にプロファイラーとして配属され、2018年の現在とつながった無線は1997年の無線機で繋がった大山と未解決事件を探っていくストーリーです。

美咲を死なせてしまったことを白紙にできるのか?過去と現在がつながり時空を超えた捜査がついに始まる。過去とつながることで現在の未解決事件を解決することはできるのだろうか。

スポンサーリンク


シグナル7話予告

20年前に逮捕さえた工藤が出所して復讐する理由が判明。工藤の娘和美は、バス爆発事故に巻き込まれていたが、そこには矢部親子も同乗していて事件が起きたときに、工藤の娘和美より矢部の娘香織を先に救出してくれと懇願され、和美はバスの爆発に巻き込まれた。

復讐するため、矢部親子を絶望させるためだけに服役してきた工藤の計画を知った美咲が、20年前の事故の現場へ行き、香織が監禁されている冷凍庫を見つけたが、それは罠で、冷凍庫は炎に包まれ、美咲は帰らぬ人となった。

美咲の死により、真犯人を捕まれば、美咲が死ぬことはなかったと考え、1998年の大山と連絡を取り、真犯人を見つけ出そうする。

健人は、工藤が犯人だと証言した被害者の息子白石智弘ではないかと疑いを持ち始める。

シグナルドラマ7話のあらすじ

放送されてから追記します。

 

シグナルドラマ7話あらすじとネタバレ

 

シグナル7話感想

 

シグナルドラマ8話予告

【シグナルこれまでのあらすじ】

シグナルドラマネタバレあらすじ1話・感想 大山と健人が出会う

シグナルドラマあらすじ2話と感想 大山は生きていて過去が変わる?

シグナルドラマ5話のあらすじとネタバレ・感想 健人に監視の目が?

シグナルドラマ6話ネタバレとあらすじ・感想 咲に危険な予感が・・・

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend