シグナルドラマあらすじ8話ネタバレ感想 黒幕が見え健人の運命は?

この記事は4分で読めます

シグナルのドラマのあらすじ8話ネタバレとあらすじを予告と共にお伝えしていきます。

過去の連続窃盗事件の真犯人を見つけたが、圧力によって真犯人である白石智弘(白石隼也)は釈放されてしまう。権力によって事件がもみ消され、憤りを感じる。

収賄の証拠品フロッピーディスクが紛失したのは、中本(渡部篤郎)であるが、黒幕が見えてきそうな気配。

スポンサーリンク


シグナルドラマ8話予告あらすじ

大山(北村一輝)が野沢義男(西岡徳馬)の収賄の証拠品であるフロッピーディスクを紛失したが、それは中本(渡部篤郎)の仕業。

連続窃盗事件のことを知った健人(坂口健太郎)は、理不尽なことに嫌気がさしていた。

権力に屈しない大山の生き方に、健人と大山の信頼関係は強くなっていく。

岩田(甲本雅裕)は中本から健人を監視するように言われる。

健人は、1999年の大山にこれから起きる集団暴行事件のことを聞いていた。

集団暴行事件は、健人の兄亮太(神尾楓珠)が犯人として逮捕されていたからだ。

この集団暴行事件のことを調べると危険だと健人に忠告する岩田から、「すべてを教えてやる」と言われ、待ち合わせ場所に向かうと血を流している岩田がいた。

1999年の大山は、集団暴行事件について、調べ始める。被害者となった女子高校生井口奈々(山田愛奈)は自殺してしまう。

大山は、事件となった現場で被害者の同級生斉藤裕也(瀬戸利樹)と出会うが、なぜか違和感があるように思えた。

スポンサーリンク


シグナルドラマ8話あらすじ

「命と引き換えにしても真実を明らかにしたい」という健人の強い気持ちに答えようと、1999年に起きた集団暴行事件の真実についてのすべてを教えてくれると岩田(甲本雅裕)に呼び出された健人だったが、待ち合わせ場所へ向かうと何者かに襲われた岩田が倒れていた。

 

岩田は苦しみながらも大山を殺したのは自分だといい、全てはあの集団暴行事件がきっかけだと言い残し息を引き取るのだった。その事件は、まさに健人の兄であった「加藤亮太」が主犯として捕まった事件だ。

 

その頃、大山は1999年。井口奈々(山田愛奈)が屋上から飛び降りてしまう。東条高校に通っていた奈々は、ある日複数の男に乱暴されてしまうが、誰とでもヤル女と学校中に広まってしまうのだ。その後の周囲の態度や環境に耐えることができなかった奈々が学校の屋上から飛び降りたのだ。奈々は命は助かるものも、集団暴行の事件が明るみとなるのだった。

 

健人にこれから起こる集団暴行事件について話を聞いていた大山はこの事件の捜査員として、名乗りを上げる。

奈々の意識が戻ったと連絡が入った大山は、奈々の元に向かうが父親はこんな時にも関わらずお酒を飲んでいる様子で奈々にも話を聞くことができなかった。

暴行事件の現場といわれていた廃屋へ向かうと、被害者である奈々の同級生ですぐ裏に住んでいるという斉藤裕也(瀬戸利樹)と会う。

裕也は周囲からもとにかく評判の良い優等生であることからも事件には関与していないとみられていた。

 

一方、岩田が襲われた健人はその場にいたことによって容疑者として疑われることになる。健人は取調べを受けることとなるがなかなか口を開こうとはしない。

頑なに口を閉ざす健人に美咲が声をかけると、健人は大山の収賄事件には裏があることを話しだす。大山についてこだわる健人が美咲には疑問だったが、岩田は亡くなる直前に大山を殺したと話したことを、美咲に打ち明ける。美咲は驚きを隠せず半信半疑の様子だったが、健人の話を聞くにつれて真実なのだと確信していくのだった。

 

大山は、裕也の取り調べを行う。

裕也は奈々について聞くと明らかに動揺した様子を見せるのだった。

裕也は事件には関係ないものの、奈々が襲われる前に週に1回加藤亮太(神尾楓珠)と奈々が勉強するために家を貸していたという。

特に事件と関係する話ではなかったものの、その話を聞いた中本(渡部篤郎)は、加藤涼太を犯人とするように岩田に働きかけるのだった。中本は、本当の犯人は誰かを知った上で事件を隠蔽しようとするのだった。

加藤亮太は無実の罪をきせられてしまうのだ。

亮太は、事件の8ヶ月後少年院からでてからすぐに自殺をしてしまった。

健人は高校生になると、集団暴行事件に隠された真実があることを知るのだ。必死に探るも確実な証拠を見つけることができないままだったのだ。健人は、この全てを美咲に打ち明けるのだった。

シグナルドラマ8話ネタバレ

亮太の取り調べを行っていた大山は、資料から亮太は健人の兄であることに気づく。

また大山は、亮太が主犯であったと証言している生徒達の両親は皆が小川都市開発という大手企業で働いていることに気づき、中本に問う。

 

中本は、大山を呼び出すとそこには奈々の姿が。

奈々は、加藤亮太が主犯であると泣きながら告げるのだった。真実ではないことがわかっている大山は奈々の父までもがお金で動かされたことで奈々は真実がいえないことを悔しく思うのだった。

 

岩田の襲撃事件を健人の犯行とみている警察をよそに美咲を中心とする未解決捜査班は独自で捜査をはじめる。

健人は、岩田を殺したのは岡本であるのではないかと疑う。

岡本の母親の所有する別荘を突き止め、美咲と健人が捜索するも何もでてこない。しかし、健人は突然亡くなる前の岩田の言葉を思い出す。

 

慌てて、裏庭を掘り起こしてみるとなんとそこには大山の警察手帳と骨が。

泣き崩れる美咲だったが、健人はより一層警察組織への不信感が生まれるのであった…。

 

シグナルドラマ8話感想

岩田係長の衝撃の告白!大山刑事は、やっぱり殺されていました。岩田によって!

でも、唯一数々の不正の事実を知る岩田は殺されてしまいます。実は彼も大きな力に利用され、使い捨てられた被害者のひとりだったのですね。第一発見者の健人は容疑者にされ、捜査から外されてしまいます。

唯一信頼できる美咲に事実を打ち明け、健人は未解決班と謎を解明するために動き出します。蘇った美咲の頼もしいこと!行動力、知力を兼ね備えたパーフェクトな相棒ですね。

「金もコネもなく何があっても誰も味方をしない生贄が必要だ。」

こんな考え方の人が警察の上層部にいるなんて、事実だったらホント恐ろしいですね。大きな力の前では、お金もコネもない人間はただ与えられた役割を我慢して演じなければならないのでしょうか。後に兄の亮太の自殺で埋もれた真実を知った時、健人の復讐の決意は固まりました。

健人の静かな、でも決して消えることのない怒りが伝わってきます。家族が無実の罪で逮捕されたら、いったいどうしたらいいのでしょうか?

世間はまるで自分が被害者であるかのように加害者家族をバッシングします。生きていられないくらいに。

現実でも、反論できない相手をとことんいじめるのが好きな人が世の中にはたくさんいるんですよね。やりきれませんね。

悪い大臣からまた何事か頼まれた様子の管理官。こうして冤罪は作られていくんです。エライ人の思惑通りに。

そして、ついに大山刑事の白骨遺体が見つかります。こうなったら、過去の事件を解決して、大山刑事も蘇ってほしい。あと、健人の兄亮太も。

今の私の来週に向けての切なる願いです。

【シグナルドラマあらすじまとめ】

シグナルドラマネタバレあらすじ1話・感想 大山と健人が出会う

シグナルドラマあらすじ2話と感想 大山は生きていて過去が変わる?

シグナルドラマ5話のあらすじとネタバレ・感想 健人に監視の目が?

シグナルドラマ6話ネタバレとあらすじ・感想 咲に危険な予感が・・・

シグナルドラマ7話ネタバレとあらすじと感想 工藤は真犯人ではない…誰が?

シグナルドラマあらすじ8話ネタバレ感想 黒幕が見え健人の運命は?

シグナルドラマ最終回ネタバレあらすじ 大山は生き返るのか?

 

 

スポンサーリンク


 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend