シグナルドラマ最終回ネタバレあらすじ 大山は生き返るのか?

この記事は4分で読めます

シグナルのドラマ最終回ネタバレとあらすじを予告と共にお伝えしていきます。

健人(坂口健太郎)は兄の亮太(神尾楓珠)が逮捕された集団暴行事件には裏があることを突き止める。無線機によってつながることができた過去の大山(北村一輝)の協力を得ることで過去の事件の真実がわかってくるが、それはまた自分達の命が狙われていくということを記していたのだ。現在と過去がつながることで本当の真実を突き止めることができるのだろうか。

スポンサーリンク


シグナルドラマ最終回あらすじ

健人は、過去を変えるために美咲(吉瀬美智子)の前で大山と無線機でのやり取りをはじめる。

驚く美咲はもう大山は死んでいるんだから…というと、健人は無線機の中の大山はまだ生きていると強く訴えどうにかして事件を解決し大山も殺されないようにできないかと考えている様子だった。

そこに、健人が岩田一夫(甲本雅裕)を殺害した容疑で逮捕状がでたのだ。

 

もちろん無実の健人は驚いたが、健人の指紋がついた凶器が発見されたということを知り、健人は警察官を振り払い逃げ出すのだった。

 

その頃、出所した亮太の元に中本(渡部篤郎)が訪れていた。

中本は、大山は忙しくて来れないがために変わりにきたと嘘をつく。

亮太は、中本に真犯人は小川陽一であるというと証拠を渡すのだった。

家族のために無実を訴えるという亮太にたいし、中本は隙を見て亮太の飲み物に薬を混ぜる。

倒れた亮太の腕をカッターで切り、自殺に見せかけ中本は亮太を殺害し小川が犯人である証拠を持ちその場を離れたのだった。

 

大山は、亮太は自殺をするような子ではないと訴え中本が殺したことに気づくのだった。

しかし、大山が訴えたところで何も変えることはできないのだった。

 

大山は無線機に向かって亮太を助けられなかったことを伝えると、無線機の先には美咲の声があった。

美咲は大山がいなくなってからの出来事を涙ながらに話し、谷原記念病院にて大山が遺体となって発見されることを伝えてしまうのだった。そこには絶対いっちゃだめと伝えると無線機は切れてしまう。

 

美咲は、警察に追われている健人と会い大山と無線機で話したことを伝える。また、健人に頼まれていた携帯を渡すと健人の携帯には岡本からの連絡が入っていたのだ。

中本についての情報を知っていると話し、時間と場所を指定し健人一人で来いというのだった。

 

中本が集団暴行事件にはじまり、亮太の殺害、岩田の殺害全てに関係し、岡本もまた自分も必要がなくなった今、中本に命が狙われていることに気づき健人に連絡をしてきたのだった。

 

健人は岡本のところに向かい話を聞こうとする。1人で来いといわれたが、美咲も来て真実を聞き出す。

なぜ大山を殺したのかと問う健人と美咲だったが、岡本は殺したのは自分ではないといい、集団暴行事件の真実を探っていた大山は自業自得だったのだといい、大山に向けて拳銃を発砲したのは岩田だったことがわかる。

亮太のことを信じて捜査をして殺されてしまった大山のことを思い、健人は自分のせいで大山は死んだんだ。と呆然と立ち尽くすと、その場に一台の車が現れ岡本を拳銃で殺害するのだった。

美咲は相手に立ち向かい拳銃を捨てさせたが相手も反抗し美咲に拳銃を向ける。健人は、美咲を庇い拳銃で撃たれてしまうのだ。

健人は、苦しみながらも大山を早く助けなければと美咲に訴えるのだった。

大山は、行ってはいけないといわれた谷原記念病院にいた。いつも11時23分に繋がる無線機。しかし、今回つながった無線機は初めて繋がった時の健人。

繋がってほしい時の無線機は苦肉にも繋がらなかったのだ。

スポンサーリンク


シグナルドラマ最終回ネタバレ

大山は後ろから何ものかに襲われ意識を失う。

目が覚めると、そこには中本と岩田の姿が。岩田は、もうこれ以上逆らわなければ助かるぞと助言をするが、大山は中本のいうことを聞く気はないといってその場から逃げるのだった。

 

撃たれた健人は救急車の中で一刻を争う状態にいた。

大山も刺されて逃げれる状態ではない中、真実を伝えることができるのは自分だけだと必死に逃げるのだった。

大山が過去に亡くなった11時23分、健人は共に息を引き取るのだった。

 

しかし、過去に亡くなる大山は駆けつけた美咲達によって岩田と岡本はその場で逮捕され助かるのだった。

 

亡くなったはずの健人は目覚める。

過去の大山が健人を助けてくれたのだ!

記憶が変わっていることに気づいた健人。

 

過去について調べてみると、逃亡していた中本は遺体となって発見され、大山はまた重要参考人として行方を追われているとなっていたのだった。

 

無線機がない今は連絡を取ることができない健人だったが、母親に亮太の事件を解決してくれた大山から何か預かっていないかと問う。

すると、そこには大人になった健人が欲しがった時に渡してほしいと保管されているものがあったのだった。

 

そこには、大山からの手紙と中本が持っていたというフロッピーディスクが。

また、この全ての事件の黒幕は衆議院議員の野沢義男であることが書かれていたのだ。

 

健人は美咲の元を訪れる。過去が変えらたことでわかるはずのない健人のことを美咲は知っていたのだ。

大山は健人に送った手紙の消印を、美咲に向けた無言電話の発信先をこの2人を出会わせる場所としたのだ。

きっと、この場所に何かが隠されている。無線機はなくなってしまったもののお互いの存在を過去に残すことで時空を超えた捜査はまだまだ続くのだった…。

 

シグナルドラマ最終回感想

見終わってどこか不完全燃焼の感がぬぐえないのは、ハッピー要素が足りないからでしょうか。18年間も待ちぼうけをくった美咲がもう少し幸せになっていてくれても良かったなというのが本当のところです。
健人の兄亮太が助かる未来もあって欲しかったですが、大山刑事が助かっただけでも十分満足できます。『諦めなければ未来は変わる、諦めなければ希望はある』この言葉に、このあとの鍵が隠されているのなら、健人と美咲はこの先ほどなく大山に会えるということかもしれません。病院かどこかに収容されている風でしたが、その理由も謎のままでした。もしかしたら、大山が中本を殺したのかなんて考えも少しよぎりました。中本の死についても謎です。健人との闘いの日々に関して美咲の記憶が残っていてくれて良かったです。忘れられていたら、かなり寂しかったでしょうね。
それにしても、GPSで仲間の応援を要請していたなんて、なかなかのファインプレーでしたね。これも美咲の助かってほしいという願いが通じた奇跡だったのですね。 過去と現在を結んでそれぞれの時代の刑事が協力し合い違った結末を目指して闘うという設定はなかなか面白かったです。こうなったら生まれ変わった時代で再会した健人と美咲のこれからを色々と想像して楽しみたいと思います。

【シグナルドラマあらすじまとめ】

シグナルドラマネタバレあらすじ1話・感想 大山と健人が出会う

シグナルドラマあらすじ2話と感想 大山は生きていて過去が変わる?

シグナルドラマ5話のあらすじとネタバレ・感想 健人に監視の目が?

シグナルドラマ6話ネタバレとあらすじ・感想 咲に危険な予感が・・・

シグナルドラマ7話ネタバレとあらすじと感想 工藤は真犯人ではない…誰が?

シグナルドラマあらすじ8話ネタバレ感想 黒幕が見え健人の運命は?

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend