貴ノ岩休場理由は日馬富士から暴行され頭蓋骨骨折はかわいがりといえる?

この記事は3分で読めます

貴ノ岩が11月場所を休場していますが、その理由が横綱日馬富士に暴行されたことが判明しました。頭蓋骨骨折の全治2週間のけがで、相撲界の「かわいがり」といえるのでしょうか?
また、貴ノ岩関と日馬富士関とは、因縁の原因があったのでしょうか?

スポンサーリンク


貴ノ岩の休場理由は頭蓋骨骨折

貴ノ岩が11月場所を休場するとわかりファンも残念でしたが、その理由が日馬富士からビール瓶で殴られ暴行されたというから、驚きです!

貴ノ岩は、10月26日、秋巡業で出かけた鳥取で日馬富士が設けたの宴の席に出かけ、酔っぱらった日馬富士から「態度がでかい」と絡まれ、ビール瓶で殴られ暴行した疑惑が持ち上がっています。

日馬富士の引退危機!理由は貴ノ岩へ暴行し逮捕もあり得る!廃業も免れない

ある週刊誌によると、貴ノ岩は、白鵬などのモンゴル互助会と揶揄される従来のモンゴル一味とは距離置いてる若手格だとされているようです。
「その背景があれば、今回のこの酒の席のトラブルも腑に落ちるね」とのこと。

貴ノ岩のプロフィール経歴と成績

貴ノ岩は、将来有望な力士なだけに、今回の怪我が心配になりますが、貴ノ岩のプロフィール経歴をご紹介しておきましょう。

■四股名 貴ノ岩 義司
■本名 アディヤギーン・バーサンドルジ
■愛称 バスカ
■生年月日 1990年2月26日(27歳)
■出身 モンゴル・ウランバートル市
■身長 181cm
■体重 148kg
■所属部屋 貴乃花部屋
■趣味 カラオケ、ビリヤード

<成績>
現在の番付 東前頭8枚目
最高位 西前頭2枚目
生涯戦歴 323勝276敗14休(52場所)
幕内戦歴 124勝143敗3休(18場所)
優勝 十両優勝1回
三段目優勝1回
賞 殊勲賞1回
敢闘賞1回

初土俵 2009年1月場所
入幕 2014年1月場所

貴ノ岩の怪我は?

貴ノ岩が受けた暴行の怪我は、「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏」で全治2週間。

暴行を受けたのが、10月26日で入院が11月5日ですが、それまでは通常に稽古をしていました。

これが本当であれば、すぐには頭蓋骨骨折だわからず稽古をしており、緊急入院だったのでしょうか?

頭蓋骨骨折は、後遺症が残る可能性もあり、嗅覚脱失や視力障害、視野も狭くなります。

 

スポンサーリンク


 

日馬富士は貴ノ岩へ可かわいがりをした?

相撲でいう「かわいがり」とは、自分よりも立場がしたの者へ目をかけることで、あえて厳しくすることをいいます。稽古で厳しくしたり、荒稽古は、親方や兄弟子による愛があってこそだと言われていますが、「かわいがり」と称し、暴行をして、怪我をさせることもあるのも確かです。

「かわいがり」とは、昔から行われいて、後輩のためを思ってことですが、ぶつかり稽古は厳しく、強い力士を育成することを目指しています。

最近では、この「かわいがり」は相撲界で大きく取り上げられる問題になりました。

時津風部屋力士暴行事件

2007年6月に、時津風部屋の17歳の序ノ口力士時太山(斉藤俊さん)が暴行され死亡した事件がありました。

稽古の厳しさから時津風部屋を脱走したことで、15代時津風親方がビール瓶で殴り、親方が数人の弟子の力士に「かわいがってやれ」という指示をしたとされています。通常は5分程度のぶつか稽古を30分から一時間も行い、時太山が倒れた後でも足蹴りや金属バットで殴り殴打しました。ぶつかり稽古が終わった後、兄弟子たちを風呂へ行かせ、親方が面倒をみるといい、時太山と20分二人きりの間に、時太山のうめき声が聞こえ、意識不明になっていきました。

かわいがりがどこまでやっていいのか?という点は、難しいかもしれませんが、倒れている人へ暴行するのはイジメとして思えません。

今回の事件は、ここまでの「かわいがり」とは思えませんが、どこかで日馬富士関の中で理由や原因があったのではないでしょうか。

【関連記事】

日馬富士事件の店名は鳥取で現役力士関係し2次会の居酒屋場所が特定される?現場の真相は?

貴ノ岩の性格と態度が生意気で悪い?素行は日馬富士に強引に八つ当たりし強気発言か!

【こんな記事も読まれています】

輿石且子のLINE内容とキス画像!三角W不倫相手は帆足和之と斉藤達也!

酒井法子の現在2017は目つきが変で怪しい?「怪物級美魔女」と呼ばれる理由!

鶴ひろみの病気は心不全か?若い頃からドキンちゃんやブルマの声で代役は誰?

今話題!キヌアのグラノーラはモデルが注目するスーパーフード!

 

 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)