中学生が勉強しないことを放っておくのはどこまで大丈夫?最低限やっておきたい3つ!

この記事は2分で読めます

中学生になると部活が忙しくなり勉強しない子供、うちの子供もそうですが、今は放っておくというスタイルをとっています。勉強しない子供に「勉強しろ!」って言っても無理な話だと思うんです。

では、本当に中学生が勉強しないことを放っておくのは、いいことなのでしょうか?考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


中学生の心と体が追いつかない

「勉強しなさい」と言っても、中学生になると、自分の気持ちをストレートにぶつけ、反抗的な態度。

中学生は、思春期であること、反抗期の真っただ中です。

中学生のころの反抗期は幼児期の反抗期とは違い、急激な体の変化に心が追いつていないことや、先輩後輩の上下関係と知り、先輩の命令には背くことができない理不尽さや矛盾を感じながら、大人社会への一歩を踏みだそうとしています。中学生になると多種多様なストレスを抱えることとなります。

反抗期は、不安やストレス・不満・矛盾、自己主張など、どうにもならないこと「やり場のない気持ち」が反抗的な態度となって表れているのです。

親御さんも、中学生のころは「勉強しなさい」と言われて、素直に勉強しましたか?私は、「うるさいな」と心の中で思ったものです。子供も中学生になると、大人の一歩手前。

中学生が勉強しない理由

勉強しない理由として、

・机に座るのが嫌だ
・勉強がわからない
・じっとしていられない、落ち着きがない
・自己主張が強い
・自分で判断できる子
・面白くない
・メンドクサイてつまらない
・勉強以外に楽しいことができた

などがあげられます。

中学生になると、行動範囲も広がり、部活動も始まります。また、ゲームやスマホも楽しい時間で、自己主張の現れでもあります。

中学生が勉強しないのは放っておくべきか?

うちのスタイルとして意見を述べると、自主的にやるので、今のところは放っておくということです。でも、宿題や最低限のことはやるように言葉かけしています。

ある目標がありまして、それに向うときの集中力は半端ないのでそれを利用しつつ、過去を振り返るより楽しい未来を思い浮かべるようにしています。

と、ここまではあくまでもうちのスタイルですので、他の意見をお聞きすると、

「勉強をしなさいと言ってもしない子に言わなくなったら自主的に…するわけ無いと思いますが。」

「上手くいくかどうかはその子によります。」

中学生が勉強しないことを放っておくのは、完全に放っておくのではなく、親の強制や、押し付けをやめることです。子供からすると、親から「勉強しなさい」と言われるのは、やろうと思っていたときに言われてしまうのは、カチンと来るようです。

親が強制的に「勉強しなさい」と言うのは、親のエゴであって、親の気持ちや子供に対してこうなってほしいという想いが強いからなんです。

大事な子供に、成長してほしい気持ちもわかるし、落ちこぼれもイヤですよね。

スポンサーリンク


中学生が勉強しないことを放っておく!最低限やっておきたいこと3つ

では、中学生が勉強しないことを放っておくとして、そのままにはしないことです。

放っておく ≠ 放任主義

ではなく、信じて見守るといったほうが正しいでしょうか。

最低限やっておきたいことは3つ!

では、見守りながら放っておくには3つ方法だけを実践してみてください。

1.

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend