UVカットフィルムの寿命や効果は?防犯に役立ち子供にも紫外線ケア

この記事は4分で読めます

夏が近づくと、一気に強くなってくる紫外線。紫外線対策の準備できてますか?そこで気になるが、「UVカットフィルム」です。

現在は、窓ガラスにUVカット仕様がありますが、車や賃貸の窓ガラスでは、UVカットフィルムの寿命も気になりますよね。

そこで、UVカットフィルムについて気になる点をまとめたいと思います。UVカットフィルムの寿命や効果など詳しく検証してみます。

 

スポンサーリンク


UVカットフィルムの種類は?

紫外線を浴び過ぎることは、お肌にとって老化を早める原因とされ、シミ、しわ、そばかすなどを引き起こす原因と言われ、美容にとって大敵です。それ以外にも、皮膚ガンの原因や白内障のなど、健康にとっても有害とされています。

少し前までは「日光浴」は大切なものとされていましたが、近年では、紫外線が人に及ぼす悪い影響のほうが強く、紫外線を長時間浴び続けることは避けたほうが良いと広く知られています。

 

外に出るときには何らかの方法でUVケアを行う方は多いと思います。ですが、室内のUVケアは万全でしょうか?

環境省の調べによると、紫外線は、室内に10%の紫外線が入ってきています。

窓やカーテンを通り抜け、室内にいても紫外線は、降り注いできます。最近では、室内の紫外線対策に、ガラスに直接貼ることができるUVカットフィルムの注目が集まっています。

UVカットフィルムとは、窓に直接貼り付けるフィルムのことで、室内に入ってくる紫外線を窓辺で遮断してくれるものです。

 

最近では、ガラス自体がUVカット使用になっているものも人気ですが、対応していないガラスの場合には、UVカットフィルムを貼り付けるのが手軽です。

UVカットフィルムにはたくさんの種類がありますが、一番気を付けておきたいことはUVカット率の高さです。

確認方法としては、「紫外線透過率」をチェックしておくこと。値段によって紫外線透過率、耐久性は違います。室内の紫外線をしっかりとカットしたい場合には、紫外線透過率のより高いものを選んでくださいね。

 

また、その他にもUVカットフィルムには、いくつかの種類があります。

フィルムの色や種類を選ぶことで、外からの視線をカットすることができたり、

■地震などで窓ガラスが割れてしまった時の「飛散防止」、

■また、「断熱」、「遮熱効果」が期待できるものなど、

UVカットフィルムとは言えども最近は種類が豊富で、UVカット以外にもいろんな効果が同時に得られるものが多いのです。

 

UVカットフィルムの寿命はどのくらい?

UVカットフィルムには寿命があります。見た目にはきれいな状態を維持しているように見えるUVカットフィルムでも、経年劣化により、UVカットフィルムの寿命が来てしまうと、本来のUVカットの効果は期待できなくなります。

UVカットフィルムの気になる寿命は、製品によって大きな違いがありますが、目安として内貼りの長いものでも10年前後と言われています。

外側から貼り付けるものだとそれよりも劣化が早いため、約5年と言われています。

UVカットフィルムの寿命、交換時期の確認は使用前にしっかり行っておき、フィルムを貼り付けた後には、貼り付けたフィルムの劣化の状態を見ておくことも大切です。

 

UVカットフィルムの効果は?防犯もあり?

窓に貼るUVカットフィルムには、たくさんの種類がありUVカット以外の効果も得ることができるものがたくさんあります。

UVカットフィルムを窓ガラスに貼り付けることによって、断熱、遮熱効果が期待できるもの。断熱、遮熱できるタイプのUVカットフィルムにすることによって冷暖房費を節約することができます。

 

他にもUVカットフィルムに色がついたものや、曇りガラス、ミラーレス使用などのフィルムにすることで、外からの目隠しをしてくれるUVカットフィルムもあります。カーテンを開けて室内に光を取り込める一方で、外からの視線を遮ることができれば、防犯としてもとても助かり、カーテンを開けていても安心ですね。

また、その他にもUVカットフィルムの素材によっては地震などで万が一ガラスが割れてしまった場合にガラス片の飛び散りを防ぐことができる飛散防止フィルムなどもあります。

UVカットフィルムの効果は、紫外線予防以外にも同時にたくさんの効果が見られお得ですね。

スポンサーリンク


子育てママ必見!UVカットフィルムはいつから準備する?

妊娠中や出産後は、特に室内で過ごす時間が長くなります。太陽の日差しは明るく心地いいものですが、妊娠中のママの体は、ホルモンバランスが大きく乱れるため、紫外線は色素沈着が起こりやすく大敵とされています。

また、生まれたての赤ちゃんや小さいお子さんの皮膚はとても薄く、繊細です。年々、オゾン層の破壊が進み紫外線量は強くなっています。デリケートな子供の肌には特に気を付けてあげたいものですね。

 

 

強すぎる日差しや強すぎる紫外線から家族の身を守るために、室内のUVケアとして、自宅の窓にUVカットフィルムの貼り付けを検討する方は多く、妊娠や出産のタイミングがきっかけになっていることが多いようです。

 

ただ、これにも注意も必要です。

 

UVカットフィルムの貼り付けを自分で行うか、業者に依頼するかがポイントになります。

手先が器用な方や小さな窓の場合には自分で行う方も多いのですが、作業は意外と大変です。

自分でUVカットフィルム貼る場合には、

・窓の掃除

・必要な道具の準備

・フィルムのカット

・空気が入らないように気をつけながらの貼り付け作業

・仕上げの空気抜き作業

・片付けなど

窓が大きくなればなるほど大変な作業となります。

 

紫外線が一番気になり、UVカットフィルムを貼りたい窓は、リビングなどの大きな窓の場合が多く、自分で行うことはとても大変です。

ましてや、妊娠中、小さなお子さんがいる場合には、危険も伴います。大きな窓にUVカットフィルムを貼りたい場合には、業者に依頼することがおすすめです。

日差しの強い10時から14時は、外出を控えるようにするなど、配慮も必要ですし。

 

 

業者に依頼すると、費用は掛かるものの見た目にもきれいで、長持ちします。また、高い位置の窓や天窓などのはしごを使用しなくてはいけないような場所でも施工可能です。

何より手軽に、短時間で済むのは子育て中のママにとっては、うれしいことですよね。

 

 

UVカットフィルムの値段は?

UVカットフィルムの気になるお値段は、窓の大きさ、窓の枚数、窓の高さ、使用するフィルムの種類などにより本当に様々です。

 

特に、施工を依頼する場合には、一度複数の業者さんから見積をするのがいいかと思います。ホームセンターでも、見積できますし、一番手軽にお安く済ませたい場合は、自分で貼る必要がありますが、100均もおすすめです。

100均のUVカットフィルムとはいえ、紫外線透過率は99%と十分。経済的ですね。

 

まとめ

UVカットフィルムの気になる点についてまとめました。室内での紫外線カットには、UVカットフィルムは大変おすすめです。UVカットができた窓から日差しは優しく、身を守る以外にも、家具や床などの紫外線による劣化も防ぐことができます。

UVカットフィルムの効果には寿命があり定期的な交換が必要ですが、少しでもUVカットフィルムの寿命を長くさせるためには、UVカットフィルムを貼った窓を高温にさせ過ぎない、UVカットフィルムを貼った窓の室内に湿気がこもらないようするなどに注意することでUVカットフィルムの寿命を長持ちさせることができると言います。

 

真夏の暑すぎる日差しの時には、サンシェードやすだれなどを併用し使用することはおすすめですよ。

UVカットフィルムの使用で、家族みんなの体を紫外線から身を守り、気持ちの良い優しい光を感じてくださいね。

【こんな記事も読まれています】

Kōki、(工藤静香娘)が作曲家でもデビューしインスタ公開!綺麗と話題に

窓ガラスの熱割れ!賃貸のときの修理代は大家持ち?トラブルない解決策!

窓ガラスの熱割れを放置したら危険!対処法や簡単に予防できる方法!

夫婦の休日がつまらない!結婚生活をストレスフリーにするには?

多治見花火大会の駐車場穴場2018!屋台や混雑状況は?場所取りは早めの行動で!

バターご飯太る?カロリーと作り方!マツコも絶賛したアレンジとは?

ジャムの使い方おすすめは?パン以外の余ったアレンジの美味しい食べ方!

 

スポンサーリンク


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend