山下弘子さん結婚相手は前田議員が旦那!父親は中国人で職業はお金持ち?

この記事は4分で読めます

アフラック生命のCMで「優等生をやめました」のフレーズが印象的な山下弘子さんが2018年3月25日午前6時に死去されました。25歳でした。昨年6月に兵庫県議員の前田ともき議員と結婚し、旦那がブログで公表しました。

立命館大学時代から交際していたようで、友人に進められて結婚式を挙げています。

スポンサーリンク


山下弘子さん死去!19歳で肝臓がん発症

アフラック生命保険のCMでは、「ガンにじゃまされない生き方」と語っていた山下弘子さん。とても強いイメージを持ちましたし、この人ならきっとガンを克服するだろうと勝手に思っていました。2月末に入院してから3回緊急手術して、意識が戻らずそのまま帰らぬ人に。

山下弘子さんは、19歳の立命館大学1年生時代に肝臓がんを発症し、余命半年と宣告されました。肝臓がんは沈黙の臓器と呼ばれ、ガンに侵されゆっくりと進行していても、自覚症状がなく、気がついたときには手遅れになっていることが多いことから呼ばれています。

夏ごろ、肺の痛みを感じ検査をしたら肝臓ガンで、肺も圧迫するぐらい大きなガンでした。10代でそのぐらい大きな2キロの肝臓がんは稀なケースで、衝撃で腫瘍が破裂したら突然命を落としてもおかしくないくらいの巨大なガンだったようです。このときは、転移もなく、肝臓がんを摘出できたものの、また肺と肝臓にガンが見つかり再発でした。

何度も手術や入退院を10回以上繰り返し、ガンと闘ってきた山下弘子さん。

それでも、ガンと向き合い、海外旅行や富士登山、前向きにやりたいことに挑戦してきました。

山下弘子さんの実家はお金持ちで令嬢?父親は中国人?

<山下弘子さんプロフィール>
生年月日:1992年10月29日
学歴:大阪女学院高校、立命館大学
父、母、妹、弟

山下弘子さんは父親の仕事の関係で中国・福建省で生ま、10歳のときに日本に帰国しています。

中国人の祖父母の元で10歳まで母親と離れて暮らしていたそうだけど
(掲示板)

父親より祖父母が中国人なのでしょうか。また、お金持ちで令嬢だという噂は

末期癌で進行の早いであろう若年齢の19歳から24歳まで生きられているということは やはりメンタルの強さだけの問題というだけではなく 治療にそれだけお金をかけられてきたからというのは紛れもない事実で 保険適応外でまだ実験の段階の高額治療を受けられていることも 恵まれていると思う。
何度も海外旅行・国内旅行できていること。 しかも長女が癌やらで経済的出費も多くあるのにお家も妹が中学受験等、経済的にかなりのセレブ?なお家の ご令嬢なのだと察する。
素敵な恋人との結婚やら、癌患者の中では(お辛いとは思うけど) とても幸せな方。もちろん癌はお辛いと思うし綺麗で性格の良さそうな子が何故?残酷だと思うけど、 素晴らしいドクターと出会えたということもお金持ちに生まれたのも、彼女の運。
見守ってくれる家族や婚約者、友人が多くいるのも
彼女の人間性という理由もあるけれど、それも運。
この方に限ってはなんだか奇跡が起きるような気がする。
それだけ強運の持ち主のような気がする。
(掲示板)

こういった噂から山下弘子さんがお金持ちのご令嬢ではないかといわれるゆえんです。

たしかに、高額医療を受けていることや、ガンを患っているから、万が一のためにと海外旅行も多く行かれていた様子。

何回も飛行機を使わないと上級会員にはなれませんし、

 

高校野球もかなり高い位置から見学されています。

スポンサーリンク


山下弘子さんが結婚!相手は兵庫県議会員前田ともき議員

山下弘子さんは、昨年2017年6月にご結婚されています。相手は、兵庫県議会員の前田ともき議員です。


山下弘子さんと前田ともき議員は、立命館大学時代から交際しており、5年の交際を経て結婚されたようです。

Twitterやブログには、彼氏の存在など書かれてありませんが、NEWSZEROで特集を組まれていて彼氏の話題にも触れていたので、前田ともき議員が支えてくれていたのでしょう。

結婚式は、山下弘子さん自身がするつもりがなかったのですが、友人に言われ新しい薬から効果も出始め決意したようです。しかし、その後、骨に転移が見つかり、ガンが増えていることから不安がよぎりましたが「ガンに人生を邪魔されたくない」と考えれている山下弘子さんは、結婚を決意します。

山下弘子さんの想い

肺に転移していることがわかってから、

「肺に転移しているとわかってからこの一瞬の大切さが、今生きていることの素晴らしさ、時間はいつどんなときに終わるのかわからない、ということを真の意味において少しずつ理解していきました。どんなことにも意味はあります。無駄なことはひとつもありません。私は絶対に生き抜いてみせます」(2014年7月)
(NEWSZERO)

今を一生懸命に生きることを真剣にやっている人がどれだけいるでしょうか。

人って弱い人間だから、どうしても甘えてしまうし、怠けてしまう。けれど、過ぎていった時間は取り戻せなくて気づいたときに生きることの素晴らしさを感じてほしいと思います。

 

スポンサーリンク


【関連コンテンツ】




 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

RETURN TOP
スポンサーリンク

@WOMO管理者「チュー娘」プロフィール

「@WOMO」の管理者「チュー娘」と申します。

女性が気になる話題をピックアップして、もっと深堀し、最新情報をお届けしています。エンタメ情報、現代女性特有な話題、旬な話題など、管理者目線ですが、訪問していただけた読者さまに有益な情報をお届けできればと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

アーカイブ

Recommend